平凡が一番難しい

小さな会社を経営していて感じることを、ぼそぼそと書いています。

就労支援事業が軽視されてません?

季節外れの真夏日が続いています。

 

 

しかし、6日以降は急激な冷え込みに注意が必要との事なので、体調管理には気を付けたいと思います。

 

 

 

 

さて、今日のテーマは就労支援事業の現状に少し触れてみたいと思います。

 

 

 

就労支援事業とは、平たくザックリ言えば『障害のある方へ就労の機会を提供し、賃金を得ると共に社会参加を促進する』事を目的とされている事業です。

 

 

なので、そもそもとして『作業(仕事)の提供』が不可欠な訳でして、その作業を確保する事が必要になります。

これは、他の福祉事業所には無いハードルでして、高い工賃を支給する為には単価の高い作業が必要ですし、単価の高い作業を行うには技術や道具が必要になります。

 

 

 

そうしてやっと事業が成り立っているというのにも関わらず、給付費の単価は下がり続ける一方なんです。

 

年度別に見てみると

令和2年 一人当たり8,687円/日

令和3年 一人当たり8,367円/日

令和4年(9月現在)一人当たり8,257円/日

となっており、二年前より400円以上も下がっています。

 

 

『たかが400円』と思われるかも知れませんが、されど400円』なんです!

 

 

ウチの場合、一日平均は13人を数えます。

400円×13人=5,200円/日

5,200円×30日=156,000円/月

 

ほらね。

 

 

高卒1年目の月給くらい違うんですよ。

 

 

年間にして、なんと1,872,000円も変わってくるんです。

 

 

 

これもお上が決めた事。。 文句なんて言えませんし、そもそもどこに言えば良いか分かりません。。

 

 

 

 

これに対し、新規参入が相次いでる放課後等デイサービス事業は活況です。

 

 

 

毎年、倍々ゲームで新規参入が相次いでるのは何故かお分かりですよね?

 

 

 

そうです。

 

 

 

給付単価が12,000円を超えるからなんです。

 

 

 

 

こっちは営業活動して仕事作って、現場に行って初めて成立します。

 

 

 

なのに、放課後等デイサービスは15時過ぎにお迎えに行って、18時頃までサービス提供したらそのまま送迎で終了。

 

 

しかし、最近ではその "サービス内容” に疑問符が付く事業所すら出てきてます。

 

 

 

実際に、前の会社で放課後等デイサービスの運営に携わっていましたが、その頃はまだ黎明期で競合も少なく、良い方は悪いですが収益の柱に育てるのには苦労しませんでした。

 

 

あれから5年以上経つというのに、未だに高い報酬が維持されてるのには疑問しかありませんね。

 

 

 

国はいつも、新たなサービスを作るに当たっては『サービスの多様性』の名のもとに新規参入を促す手段として、給付単価を爆上げし、尚且つ参入障壁をゴリゴリに下げてきます。

 

 

しかし、障害福祉サービス全体での給付金の枠は決まってる訳ですから、どこかを削らなければいけません。

 

 

 

そこで割り喰ってるのが "就労系サービス” なんですね。

 

 

 

 

行政は、給付費の単価を平均工賃額に準じて7段階に設定しています。

 

 

これは、工賃を上げる努力を事業所に求めるもので、全国平均とされる時給180円台では6,000円程度に設定されています。

 

 

その中でウチが8,000円台をキープ出来てると言う事は、それだけ高い平均工賃を維持してるという事です。

 

 

 

なのに!! それでも毎年の様に下げ続けられているのが現状です。

 

 

 

さっきも書きましたが、作業を作り続けるって結構大変なんですよ。

 

 

 

 

国葬もそうですけど、国民の声って国には届かないんだなーと思いますね。

『そこじゃないと思うんだけどなー』の代表例

東京オリンピックの本当のレガシーは、日本に蔓延る汚職や利権を根絶する "足掛かり” になった事なのかも知れませんね。

news.yahoo.co.jp

3回目の逮捕となった高橋氏が、森元会長にもお金を渡した事を認めてるのですから、森さんだけ "お咎めなし” とは当然いかないはずですが、日本という国は本当に闇が深いので、ここでもどんな利権や特権が働くのか見ものです。

 

 

 

 

さて、今朝はこんなニュースがありました。

news.yahoo.co.jp

 

僕も大好きファミリーマートが、『プラゴミ削減』の為にプラスチック製のフォークを廃止する事にしたそうです。

 

 

が、こんな大企業が真剣に "プラゴミ削減” について議論を重ねた結果がこれだとしたら、正直『?』でしかありません。

 

しかも、スプーンは柄の部分に "穴” を開けて軽量化・削減すると。。。

 

 

 

マジで言ってるんですかね。。

 

 

 

 

そもそもですけど、プラフォークを廃止する事で環境への悪影響がどれだけ解消されるのか、その位はデータを取った上での廃止決定なのかが疑問です。

 

 

 

いっその事、スプーンまで廃止すると言えば本気度が少しは伝わったと思いますし、マジで取り組むならペットボトル飲料の取り扱い自体を辞めるべきかと。

 

 

 

昨今のレジ袋有料化にも、 "そもそも論での議論” が噴出してるのは大企業のファミリーマート様ならご存知のはず。

 

 

『有料化したことで、小売店が儲かってるだけじゃん』

『有料化しなくて良いはずのレジ袋まで有料化されてる』

『そもそも、環境問題の急先鋒はレジ袋じゃない』

 

 

そんな声が聞こえてくる中で、プラフォーク廃止がどれだけ環境に影響するのでしょうか。

 

 

 

こういうのって、視点がズレてるから論点がズレて、結果として結論がズレるんだと思います。

 

 

 

どちらかと言えば、『環境保護問題に取り組みたい』という姿勢より、『環境保護問題を理由に経費削減したい』という姿勢が透けて見えますよね。

 

 

 

経費削減は企業にとって永遠の課題であり、常に取り組まなきゃならないものです。

 

 

 

ウチの会社でも、支払い時期を翌々月にずらす為に決済の日を検討したり、購入には優先順位を付けて購入するなど、余念がありません。

 

 

 

 

でも、『お金は使い方が大事』と常に心に留め、職員や利用者さんの "安全面や効率面” を最優先し、可及的速やかに購入が必要と判断すれば即座に購入するようにしています。

 

 

 

これは、お金の使い方が下手な経営者の下で仕事をした経験から得たもので、『そこをケチってそこに使う!?』と言うのを嫌と言う程見て来たからです。

 

 

 

なんか、ファミリーマートくらいの規模の会社なら、もっと頑張って欲しかったなーと。

 

 

 

せめて、『プラフォーク削減の取り組みとして、代替品となる〇〇を開発しました!』とかなら気持ちよかったんですけどね。

 

 

 

 

そんなものを開発するのにはお金をかけず、ただ単に『廃止します!』ってただの愚策だと感じてしまいます。

 

 

 

なんかなー、日本の企業はお金持ってるんだから、もっとイノベーションを起こして欲しいなーと思う今日この頃です。

寛容とは違う、本当の支援の形。

台風の被害が甚大で、長期化している地域もある様です。

 

大分県も約二年半前に『日田豪雨災害』に見舞われ、その時はボランティアとして1日だけ参加させて貰ったのですが、マスク着用の条件があったのでかなり厳しかった記憶があります。

 

 

今回の台風でも、由布市湯の平温泉街が被害を受けていますので、出来る事があれば今回も駆け付けたいと思います。

 

 

 

さて、以前の記事では受刑者に対する支援が進んでいる国、ノルウェーを紹介させてもらいました。

 

sic.hatenablog.com

 

結局、捕まえて牢屋に入れて自由をはく奪したって、再犯率が下がらないのはデータが証明してますよね。

 

でも日本は何も手を打たない。

 

 

海外は気付いたら直ぐに違うやり方を検討し、実行しますよね。

 

 

 

今度は、イタリアでの取り組みの紹介です。

news.yahoo.co.jp

 

 

なんと、刑務所の中にある "牢屋の中のレストラン” がそれです。

 

 

月額賃金、約14万円を得ながら一流シェフの下で調理から接客までを学べると。

 

 

この制度、僕が『素晴らしいなー』と思うのが、再犯防止に向けて根本的な解決を図ろうとしているところだと思います。

 

 

囚人の人権を守りつつ、『社会復帰、再犯防止には何が必要か』を強く意識して取り組まれてるのだと思います。

 

 

 

結局、今の日本の制度だと出所後の就職に苦労し、『お金に困って再犯』なんて事も少なくありません。

 

 

 

塀の中で隔離され、社会性を身に着ける事も無く、手に職を持たない彼らに社会復帰を促すなんて、絵空事ですよね。

 

 

 

反省をしただけでは、社会復帰に直結しない事は分かり切った事。

 

 

『ならばそこを補おう』というシンプルな思考と、それをやり遂げる気持ちの両方が大切です。

 

 

そして何より大事なのが、社会復帰を目指す彼らを受け入れる側の我々の気持ちではないでしょうか。

 

 

日本人は常に排他的な社会と文化を作ってきました。

 

 

そうする事で、守られる人が多かった事も事実でしょう。

 

 

 

しかし、そこには必ず "差別” が存在していた事も事実です。

 

 

 

 

『もう一回、今からでも頑張ってみんね。』

 

 

 

それが当たり前に言える、そんな社会になって欲しいものだとつくづく思わされました。

輸出産業への支援策?

気のせいかも知れませんが、iPhoneのソフトウェアを16.0にアップデートしてからというもの、ちょっとした違和感と同時に『バッテリーの持ちが良くなってない?』と感じてるのは僕だけでしょうか?

 

そんなiPhoneも輸入品です。

 

 

これだけ円安が進めば "値上げ” も視野に入れなければいけなくなります。

 

 

そんな中、またまた円安が進み1ドル145円まで到達しました。

news.yahoo.co.jp

 

ちょっとここでおさらいですが、円安とは為替市場で円が売られ、ドルが買われてる状態を指します。

 

この現象が起こる理由は様々ですが、現在の状況で言うと日本は長年の間 "超低金利” 状態であり、お金を借りる日本国民にとっては低い金利で借りられますので、お金を借りやすい状況と言えます。

 

これには、"市場にお金を回す” という目的には一定の効果をもたらしますが、反面で投資家としては『円を持っていても金利が付かない』という事で、円は人気を落としてしまいます。

 

 

そうなると、『円はいらない』という投資家が増える訳ですから、相対するドルは市場の原理に沿って『ドルが欲しい』という現象が一部で起こる訳です。

 

 

 

この現象は、海外に物を輸出している企業にとっては恩恵が受けられることになりますので自動車メーカーに注目して見てみましょう。

 

 

円安が進むと、これまで100ドルの商品を海外で販売した場合、1ドル120円であれば日本円にして12,000円の売上となるところ、現在の145円であれば14,500円となる訳です。

 

同じ商品を売ってるのに、2,500円もの差額が出るのですからこれは大きいですよね。

 

 

特に、自動車の様に単価の高い商品を輸出しているのであれば尚更の事。

 

トヨタ自動車の場合、1ドル変わるだけで売り上げが10億円も変わるのだとか。

 

 

 

そうなると、『国内に新車を回すより海外に回したくなる』のもうなづけます。

 

 

物価は上がり、半導体不足による生産の停止などが世界中の経済に影響を及ぼしています。

 

 

 

本来なら、納車ができずに売り上げが下がってもおかしくない状況ですが、政府や日銀が『輸出産業だけでも持たせよう』と考えてると推測すれば、『低金利維持』も理解できます。

 

 

ここで金融緩和の手を緩めたり、利上げする様な事があれば一気に円高が進んでしまいます。

 

 

そうなると、日本のほぼすべての産業に様々な影響が出る訳ですが、円高が進んで喜ぶ企業とそうでない企業を天秤にかけた場合、自動車という日本産業の本丸を守るのは当然の思考ですよね。

 

 

要は、物の値段が上がって国民が生活に困る事より、輸出関連企業の下支えする方を選択したと。

 

 

 

んー、当面は円安が進むか、現状維持となりそうです。

 

もてはやす文化はやめた方が良い

news.yahoo.co.jp

 

僕がスノーピークの商品を最後に買ったのが15年ほど前で、今でもマントル式のランタンとシングルバーナーを愛用していますが、当時はサイズ感やデザインが良い割にはとてもお手頃で、まだまだ『どこぞのブランドや?』という時期でしたが "MADE IN JAPAN" という事も有り、キャンプ道具売り場に行けば必ず新商品をチェックしてました。

 

でも、数年が経った頃、4,000円位の価格帯で売られてた商品が5,000円になり、10,000円で売られてた商品が18,000円になり、『なんだか手を出しにくくなったなー』という印象を受けていました。

 

 

その謎が解けぬまま、僕はスノーピーク離れをしていた所で、今回の記事を発見。

この記事で初めてこの女性社長が2012年に社長就任していた事を知ったのですが、どうやら僕が『高い』と感じ始めた時期と社長就任の時期が一致していた事に驚きです。

 

 

 

僕は以前から今の日本の風潮に大きな疑問を抱いていて、『こんなのやめれば良いのに』と思う代表格が他ならぬ "もてはやし” です。

 

 

『美人過ぎる〇〇』とか

『日本の至宝』とか

『若きリーダー』とか

『世界に影響力のある〇〇』とか。

 

 

本当にどうでも良いと思ってるんですけど、なんでこんな形でもてはやすんですかね?

 

 

だって、今回辞任した山井梨沙氏だって、"若きリーダー” なんて言われてたみたいですけど僕から言わせれば所詮二代目です。

 

 

厳しい言い方すれば、自分で築いた土台なんて何一つない人物を "リーダー” なんて、何を基準に言ってるんでしょうね。

 

 

 

もはや雑誌やテレビのネタにされて "もてはやされた人” が可哀想でなりません。

 

 

 

能力も実力も伴っていないのに、美人すぎるとか可愛すぎるとか見た目で持ち上げられたりすれば勘違いするのも仕方が無いと思います。

 

 

 

別の角度から見てみると、結局のところは『夏の甲子園』も誰得なんでしょうね。

 

 

"高校球児” という謎のカテゴリーの人たちが "全国制覇” を目指し、熱中症リスク最高ランクの中で白球を投げて、それを打ち返す。

 

 

それを大人たちが連日報道し、エアコンの効いた涼しい部屋で高齢者が楽しむ。

 

 

かと言って、 "全国制覇” を成し遂げた選手の未来が約束されることはありません。

 

 

 

 

 

実力も無く持て囃された人の末路は悲しいものです。

bunshun.jp

 

個人的な主観ですみませんが、僕は『美人すぎる』とは思えないんですけど、それは "議員” に限っての事でしょうか??

誰もが "美人だ” と思うとしても、そもそも人の容姿をピックアップするのもどうかと。

 

 

 

結局は、『美人過ぎる』と書けば精力衰えぬエ〇おやじが群がり、『若きリーダー』と書けば意識高い系のビジネスマンが群がる。

 

 

 

結局はただのマーケティングなんですよね。

 

 

インスタに代表されるSNSも、結局は映える画像や動画を投稿して、"もてはやされて” 承認欲求を満たす事を目的としてます。

 

 

もうね、このサイクルは見てらんない。。

 

 

 

 

僕個人的には 平成ノブシコブシの吉村さん で、過去に一度も笑った事がありませんし、今後も笑う事は無いと思いますが、それでもあの人は "破天荒キャラ” として何千万円もする高級車を乗り継げるほどの収入があります。

 

 

 

要するに、美人だろうが破天荒だろうが、それが人様の役になってれば良いと思いますが、そうはなってないのに "もてはやされてるだけ” で収入になる日本の文化に問題があると思いますね。

 

 

 

 

ちょっと、なんだか嫌な感じです。

 

宿泊系のビジネスやりたいなー

先週末から今週月曜にかけて、千葉県柏市まで家族で行ってきました。

 

結論から言うと、台風の雨風は避けられたのですが、影響を受けた地域を通過しなければならず、通行止めによる影響をモロに受けました。

 

 

長距離トラックの運転手だったら労基署から指導が入るレベルの運転時間で、月曜日の深夜に何とか家にたどり着いた感じです。

 

 

 

そんな旅の楽しかった思い出と言えば、やはりコテージ一棟借りの宿泊地だったのではないでしょうか。

 

 

通行止めにあったので、ルートを変更して下道で帰らなければならなくなったのですが、それも含めて宿泊地に選んだ場所も施設も良かったと思います。

 

 

 

そんな中で感じた事は、『やっぱり旅行系ビジネスがやりたい』という思いが強くなったということです。

 

 

 

我々のような家族であれば、できるだけ他の宿泊客に気兼ねすることなく過ごしたいと思いますし、そんな家族グループは決まって車で来ますので、あまり場所を選ばない事も分かりました。

一つは高速のICから20分以上の距離がありましたし、もう一つは住宅街の中にありましたが、これは、今まで『立地が大事』と思い込んでた部分を良い具合に覆してくれたと思います。

 

 

そしてもう一つ感じた事が、『温泉より湯舟が大事』という事。

一つは半露天で陶器の湯舟で、もう一つはジャグジー付きのユニットバスでしたが、やっぱり旅の疲れを癒すのは湯舟だと強く実感しました。

 

どちらも "陶器” や "ジャグジー” といった特徴があり、"ただの湯舟” じゃないだけで十分でした。

 

そりゃ、温泉があるに越したことは無いと思いますが、半露天で外の景色が見れたりジャグジーでマッサージ効果が得られるだけでも本当に気持ちが良かったので、『温泉に拘らなくても良かった』と思えたのも良い収穫です。

 

 

 

そして、やはり最後は値段でしょうか。

 

 

旅館の素泊まりやホテルなどに泊まればここまでの料金は掛からなかったと思いますが、どうしても目的地や妻が提案する条件に合う施設が無かったという点もあり、今回の施設を選択する結果になりました。

 

 

今回宿泊した施設はどちらも朝食付きで一人1万円程度。 朝食代は一人800円程度ですが、『これなら朝食を付けて良かった』と思える内容です。

そして確かに建物が新しかったり、ウッドデッキが付いていたり、半露天やジャグジーのお風呂が付いていましたが、それでもやはり『食器の片付け』や『布団の整理』などのセルフの部分も意外と多く、その部分も含めると『一人1万円はやっぱり高い』と感じましたね。

 

景色など "プライスレス” な部分ももちろんあります。

 

そして、二家族以上で借りれば割安に感じるのかも知れません。

 

 

でも、もう少し子供割引などがあっても良いのかなーと感じましたね。

 

 

 

その上で、今回学んだ点を要約すると

①立地は多少不便でも、意外と気にならない

②風呂にはこだわれ

③夕食の情報を充実させて欲しい

④プライベートの確保が大切

⑤セルフとフルサービスの中間くらいが良い

⑥値段は、ひと家族3万円以内または一人5,000円以内が嬉しい

ですかねー。

 

 

バルミューダのオーブンレンジが設置されていたり、食洗器やお洒落な食器類などの設備が揃っている所もありましたが、結論から言うと『ウチには不要』でした。

 

 

削ぎ落す所は削ぎ落しつつ、ポイントを抑えさえすれば勝機はあるのかなーと。

 

 

 

後は、建築(リフォーム)費用をどこまで抑えられるか。

 

 

 

少し長いスパンで考えたいと思います。

 

 

 

イギリスに関する『へぇ~』な事。

エリザベス女王の死去により、王室の資産がチャールズ新国王に相続される事になりました。

news.yahoo.co.jp

それにしても、600億円とは莫大ですねー。

 

ここで一つ目の "へぇ~” ですが、日本の皇族は税金により活動をしていますが、イギリス王室は自らが資産を持ち、不動産などの家賃収入などで生活しているそうです。

 

その為、贈与税をかける事で試算の大幅な目減りを避ける目的で、贈与税が免除となるんですねー。

 

 

 

 

 

そして二つ目。

 

 

あまりサッカーに興味が無い人からすると気付きもしない事ですが、ワールドカップ出場国に "イギリス代表” が無いのをお気づきでしょうか。

 

 

イギリスの国旗であるユニオンジャックに象徴される様に、イギリスは『グレートブリテン及び北アイルランド連合国』といって、元々4つの国から構成されています。

 

皆さんも一度は耳にした事のある イングランドスコットランドウェールズ北アイルランド がそれでして、実はそれぞれにJリーグの様なサッカー協会やリーグが存在する為、代表においても『イギリス代表』ではなく、それぞれが独立して出場を目指してるという訳です。

 

 

しかし、政治的にはスコットランドは長年独立を目指しており、今回の王女逝去に伴っても政治的や宗教的な観点から、"追悼” とはいかない事もあった様です。

 

 

 

もし、『イギリス代表』が誕生すれば、どんだけ強い国になるんでしょうねー。

 

 

 

 

因みに余談ですが、日本の皇族も財政面での独立を目指すのって難しいんでしょうかね?

 

何でもかんでも税金を投入するんじゃなくて、自分たちの資産や収入の範囲でやって貰えたら助かるんですけど。。。