平凡が一番難しい

小さな会社を経営していて感じることを、ぼそぼそと書いています。

清原選手との思い出。

久し振りに、胸が熱くなる記事がありました。

https://www.daily.co.jp/baseball/2021/06/14/0014415575.shtml

清原和博氏に、『ベスト・ファーザー賞in関西 スポーツ部門』が与えられたというニュースです。

 

“賞”と言えば、何かを「成し遂げた」人に対して授与される事が多く、その功績を讃えるものとなりがちですが、今回は『期待も込めて』という、何とも粋な選出だと思います。

 

ましてや、マスコミにあれだけ叩かれた人物。

 

ノミネート時には、少なからず反対意見も出たのではないでしょうか?

 

 

日本のマスコミは、一度“シンデレラ”に選出した人をとても大切にします。

 

それは不思議な魔法で、優勝した選手よりも“出来なかったシンデレラ”を大きく扱うという魔力を持っています。

 

皆さんは日本ハムファイターズの清宮選手を覚えていますか?

 

あの頃、「高校通算」という言葉を持ち出して連日の様に持て囃しましたが、今では年に何回聞きます?

 

また、その高校通算も、「練習試合まで含んでる」という話もあったりなかったり。。

 

“華やかな時の人”を称賛する事も大切ですが、清原さんの様に“途上”でも頑張ってる人に光を当てる事は、その再起に関してもとても大切だと思います。

 

 

実は、清原さんが西武ライオンズに在籍していた当時のエピソードがあります。

 

当時のダイエーホークス西武ライオンズの試合を、平和台球場に家族で観戦に行った時の話です。

 

清原和博秋山幸二デストラーデが最強クリーンナップを形成していたライオンズに対し、当時は万年Bクラスだったホークスがホームに迎えます。

 

既に勝負は決していた様に記憶していますが、それでも手を抜かない清原選手の放った打球は、快音が聞こえたと思った瞬間に、みるみるこちらに近付いて来ました。

 

僕の頭より50センチ程高い所を通過した打球。

 

一応手を伸ばしましたが、グラブを付けていない事もあり、取る気はさらさらありませんでした。

 

が、次の瞬間、鈍い音が聞こえます。

 

何と、母親の腰骨に打球が直撃していたのです。

 

近くにいたボールボーイに案内され、ゲームの途中で家族全員、医務室に案内されます。

 

診断は打撲で済んだのですが、痛みが引かないお袋は医務室で休む事に。

 

子供ながらに、清原選手に対する怒りが込み上げて来ました。

 

何せ、ホークスとお袋をボコボコにしてくれたんですから。

 

『この借りを、いかにして返してやろうぞ』

 

僕は、清原選手への復讐を考えますが、『二度と西武戦には行かない』くらいしか思い付きませんし、何ならそれで困るのはホークスです。

 

歯痒い思いをしていた所に、医務室のドアがノックされました。

 

職員さんがおもむろにドアを開けると、何とそこには清原選手の姿が!!

 

医務室の職員さんは、『大事に至って無いから大丈夫』と静止しましたが、清原選手は『お詫びだけでも』と振り切って、帽子を取って一礼して下さったのです。

 

言うまでもなく、僕は清原選手が好きになりました(笑)

 

体型は物凄くガッチリしていて、やっぱり強面。

でも、人柄が繊細なんだと痛感しました。

 

医務室の方も、『打球が当たってここに来る観客は沢山居ますが、謝りに来た選手は清原選手が初めてです』と言っていました。

 

今回は、当たった場所が骨盤という事を聞いた清原選手は、相手が女性と聞いて『詫びたい』と言っていたとの事でした。

 

『サインボール下さい!』という言葉も発さないほど緊張していまい、後日になって、酷く後悔したものです。

 

繊細で誠実。そして、兄貴分としての面倒見の良さなどは、引退後のテレビを見ても感じ取れました。

 

逮捕の報道を聞いた時はとても残念な気持ちになりましたが、再起を掛けて頑張る姿はとても嬉しい気持ちになりますし、是非とも、薬物に頼らずに頑張って欲しいと心から思います。

 

そんな一面も持ち合わせてる清原さんを、今後も応援したいと思います。

人って反省する事が大事だと思うんだけどなー

皆さんは、過去に自分の発言や行動を“恥じた”経験はありますか?

 

僕は恥じた事は勿論ですが、後悔した事も多々あります。

 

大事な場面で『ごめんね』の一言が言えなかったり、その場の雰囲気で言った冗談で人を傷付けてしまったり。

 

『覆水盆に返らず』ということわざもある様に、出てしまった言葉が“無かった事”になる事はありません。

 

それを聞いた人の心には長らく残りますし、その時に一言のお詫びが言えたなら、その人との関係性違ったかも知れません。

 

 

しかし、権力を握ってしまうと、自分の発言を省みる事は無くなる様です。

 

だって枝野さん、こんな発言しちゃってます。

https://www.sankei.com/article/20210611-NSE67M235FOARE2A255QLNXAIA/

『時代が私にに追い付いた』と。

 

www

 

これはヤバいw

 

まず、普通の感覚の持ち主ならば、ジョーク以外でこの発言は絶対にしません。

 

本気で言えば言うほどヤバい人のセリフになっちゃうんですけど、枝野さんは大マジで言ってる所が本当にヤバすぎます。

 

どうやら、自身の著書に書いていた事と同じ様な事をバイデン大統領が発言した事に起因する発言の様ですが、それだけの事で喜び過ぎです。

 

『世の中に先駆けた発想が出来る自分こそが、総理に相応しい』

 

と言いたいのでしょう。

 

その証拠に、『私の本で書いた方向性に、世界は舵を切っている』という趣旨の発言をしています。

 

はて、今回のコロナ禍を誰が予想できたでしょうか?(枝野さんは具体的な感染予防の提案したかな?)

 

”明日の事なんか誰も分からなくて、答えなんて無いよ”って事をコロナが教えてくれた筈なのに、枝野さんは“答えはあって、俺はそれを前から言ってた”って言うんです。

 

それなら政治家辞めて、占い師にでもなって下さいよ。

 

こんな発言をする人に、いくらの歳費が支払わらてるのか、我々はもっと知るべきだと思います。

 

『時代が私に追い付いた』発言は恥ずかしすぎます。

 

枝野さんから学んだ事。

 

それは、“のぼせ上がらず、謙虚である事”が大切って事ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着々(ボチボチ)と大分サテライトの準備を進めています

気温が上がってきましたねー。

 

自宅で育ててる朝顔と夕顔も蕾を付け、毎日一輪二輪と花を咲かせ始めました。

 

毎日、仕事が終わってから自宅に戻って、水やりをするのが日課になり、楽しみがまた一つ増えました。

 

日々の生活の中に、ほんの少しの楽しみを見つけるのは本当に良い事だと思います。

 

 

悩んでいる時は、その悩みがずーっと続くかの様な感覚になり、とても苦しく感じます。

 

でも、時間は必ず過ぎていて、気が付けば半年・一年とあっという間に感じる事も。

 

 

大分サテライトも決意を固めたのは半年以上前で、色々準備をしてきた積りでしたが意外と進まず、ここまで時間が掛かりました。

もどかしい気持ちと不安な気持ち。期待と楽しみ。

色んな気持ちが交錯する中での準備期間だったと思います。

 

まだまだ備品も揃っていませんが、Facebookに『中がガラガラなので、誰か何か下さい!!』と書き込んだところ、有難い事に

『もうすぐ事務所移転で要らなくなるものが出るから、一回見に来る?』

とメッセージを頂きました(笑)

 

色んな方に支えて頂いてるなーとつくづく実感。

 

新店舗でも、皆さんに喜んで頂ける様に頑張りたいと思います。

ただごとでは無い事態に発展しそうです。

www.news24.jp

JOCの幹部職員が、自殺と見られています。

 

開催まで50日を切った今でも、国会では毎日の様に『本当に開催するのか?』といった議論が行われる異常事態が続いていますよね。

 

JOCとしては、各国からの選手を到着させる事で有耶無耶に歓迎ムードを醸成しつつ、毎日を何とかやり過ごして、寝て起きてを繰り返しさえすれば、“当日は迎えられる”と考えている様に思えてなりません。

 

どうやら、開催しても“大赤字”になる事が試算されていますが、正にその部門のど真ん中にいる経理担当者が自殺となれば、普通は心中穏やかでいれるはずがありません。

 

お亡くなりになられた方の思いを計り知ることは出来ませんが、そこまで追い込まれた“何か”があったとすれば、無念でしかありません。

 

心からご冥福をお祈りします。

 

この事が何を意味するのか。

 

この先に何が待ち受けるのか。

 

IOCJOC、そして国が真摯に向き合うならば、“何とか今日をやり過ごそう”という考えであってはなりませんよね。

 

さあ、いよいよ正念場です。

やりたい事と、やらなければならない事の区別ですね。

二ヶ月に一回より早いペースで、アドバイザーのバイトをしてます。

 

中身は創業支援やビジネスコンテストに向けたブラッシュアップ担当です。

 

人が作ったモノに、色々言うのは簡単な事ですが、僕の役目は、その人が具体的に何で悩んでて、なぜ手が止まってるのかを引き出す事です。

 

『この前から全然進んで無いんですけど』

『ちょっとだけ付け加えたんですけど、あまり変化ありません』

『この資料を作ってる所で、手が止まってます』

と言うのが大半ですが、

中には、

『別に困ってる事はなく、ある程度出来てます』という人も参加してて、なかなか幅広い面子が揃ってます。

 

前回は、初めてのフルオンラインでの開催。

 

参加者もオンラインに慣れている様子で、背景や表示画面にも拘りを感じます。

 

しかし、その中でも気になるのが『顔を出さない』パターンです。

そもそも、リアル開催が前提のセミナーですが、オンラインになると突如として“仮想の自分”で勝負してきます。

 

こちらとしては、表情からも反応を伺いたい訳で、みのもんたさんみたいに、電話越しで匿名の相談に乗りたい訳ではありません。

『奥さん、それ別れた方が良いよ。』

なんて決め台詞を言いたい訳じゃなくて、さっきも書いた様に、“そもそも何で止まってるか分からない人”にも“あなたはここ止まってるよ”と伝える為に話を聞いているので、表情は必須ですね。

 

それでも、なんとか話を伺いますが、やはり問題の本質を見極めるのにはいつも苦労します。

 

問題の本質とは、ビジネスモデル自体の欠陥や課題という訳ではなく、ビジネスオーナーが何故困っているのかという部分です。

 

マネーの虎みたいに、“良いビジネスモデルかどうかを審査する”のでは無く、僕の仕事は“その人がやりたいビジネスモデルを一緒になってどう育てるか”にかかっています。

 

なので、内心では『これは、、ちょっと厳しいな。。』と思ったとしても、直接的にはそれを言わず、『事業継続には、ちゃんとした収入が継続して必要だけど、キャッシュポイントはどこで考えてるの?』という風に、ありがちな質問から詰めていきます。

 

大抵の場合は“自分がやりたい事”をビジネスモデルにしてるというパターンが殆どです。

 

だけど、事業として継続しようとするならば、“自分がやりたい事”でありながらも“困ってる人の課題解決”である必要があるのです。

 

その上で、困ってる人がお金を支払う仕組み、またはその人を支援したいと思う人がお金を払う仕組みが必要なんです。

 

最近の受講生の中にも、

『過去に母子家庭支援のNPOを設立しましたが、2年で閉鎖しました』という話がありました。

 

これは、“経営”を蔑ろにしている最たる例題です。

 

“母子家庭支援”となれば、“NPOが最適!”と考えるのが日本人のダメな部分だと感じています。

 

日本人に植え付けられた“支援”=“NPO”という、謎の方程式。

 

最近では、耳障りの良さも相まって“一般社団法人”が密かにブームですね。

 

僕も、この手の相談は頻繁に受けます。

 

NPOと一般社団、どっちが良いと思いますか?』と。

 

答えは、

『本気でやりたいなら、合同会社か株式会社。そうじゃないならどっちでも良いんじゃない?まぁ、NPOは一般社団に比べてハードル高いけど。』

です。

 

『耳障りの良い法人格で、出来るだけ簡単に設立したい』

という質問だと捉えてしまうと、そんな答えになります。

 

何にしても、本気で問題解決しようと思えば、一朝一夕には絶対に出来ません。

 

であるならば、年単位で事業を継続する必要かがあり、その為には継続して収益を上げ続ける必要があるのです。

 

賛同してくれる仲間にも給料を払うべきなのに、中には『ボランティアを募集』する事を前提にしてる事業すらある事に驚きを覚えます。

 

“やらなければならない事”が本当にそうならば、絶対にどこからかお金は生まれます。

 

どうやってお金を生み出し、そこからどうやって利益を出して、最後はその利益をどうやって増やすのか。

 

その、“経営”という基本中の基本を

『自分は向いていない』

『人の上に立つ器じゃない』

『そういうつもりでやってない』

『数字とか苦手』といって、

『じゃ無くてもやって行きたい』と言い出します。

 

得意な事だけやって、そうじゃない事は避ける。

 

それじゃあ、上手く行きませんよね。

 

そういう所が、意外と大事なんです。というお話しです。

 

 

 

組織の急成長と、その後に潜む落とし穴

大阪なおみ選手の全仏オープン棄権が、話題になっていますね。

 

第一試合目に臨む前から、試合後のマスコミ向けインタビューには参加しない旨を公言し、勝ち抜いた試合後はコート上での勝利者インタビューに答えるのみ。

 

そこには異論もありましたが、棄権後にインタビューを回避した理由を「うつとの闘いがあった」事を発表した事で、事態は急転しました。

news.yahoo.co.jp

これにはスポンサー企業を中心に ”支持” を表明する声が相次いでいますが、その理由を語るタイミングが ”棄権後” でなければならなかった事が ”問題の本質” ではないかと思いました。

 

もし、ゲームの前に全てを申し出たとして、話が平行線だったり『やっぱり会見しなきゃダメだよ』って言われちゃったら、モヤモヤした気持ちのままで一回戦に臨まなきゃいけませんもんね。

 

個人のメンタルって、見えない分だけ大切にする世の中になると良いなと思います。

 

 

さて、今日のお題の件ですが、僕も現在、様々な組織に所属している中で、色々と考えさせられる事がありました。

 

組織って、基本的には大きくすることを前提にしていますよね。

 

家族はパートナーと二人というパターンもありますが、それでも親族というくくりで見れば大きくなっています。

 

その組織が少しずつ成長していれば、適材適所に人材を配置しつつ組織を作っていけますが、急激に成長した場合、その ”役職を埋める” 事を目的に人材を配置してしまいがちになります。

 

そうなると、その役職を受ける人材は未成熟であるケースが多く、それを理解した組織の幹部は、誰でもその役職を ”こなせる” 様に、個人の能力に頼らなくても運営できる様にしようとします。

やり方としては

①とにかく報告を細かくさせる

②やらなければいけない事を事細かに決める

③目標設定の根拠を示さない

自己実現自己啓発をちらつかせる

です。

 

ここまでやらせれば、どれだけ無能な上司でも部下を管理監督できますよね。

 

これを社長⇒部長⇒課長⇒係長⇒主任⇒平 とやっていけば、それぞれが役割を果たした気になります。

 

しかし、それこそが ”落とし穴” だと僕は思います。

 

上司は、部下からの良い報告を聞いて「よしよし」となり、その実績はさっきの矢印の逆を辿って上まで上がります。

 

しかし、僕はその報告の90%以上は嘘だと思っています。

 

そして、年月を重ねた組織は「ある程度の嘘が含まれてる」事を含み始め、挙句の果てには「この報告の場合、4割程度で見ておけば大体あってる」なんて本末転倒な事を言い出します。

 

『真実は、相談の中に有る』というのが僕の考えで、『報告の中に、真実は無い』と思うべきだと考えます。

 

 

僕が、『〇〇に向けて、これを達成したいので先ずはこれを調べて下さい。』

 

という指示を受けたとした場合、僕の頭の中では『なんでこれを達成する為にこれを調べるの?』となります。

 

”何故、達成する必要があるのか” の説明が無いのでそうなるのですが、それを説明できる上司が育っていない。

 

 

組織に入っていると、僕にも役職の話が来ます。

 

でも、その時に僕が聞くのは、『役職が空いてるから僕に頼んでるの?』です。

 

僕はこれを ”穴埋め人事” と呼んでいて、基本的にその話は受けません。

 

 

急成長を遂げた組織は、『それ必要?』と言いたくなるような役職が沢山あります。

 

そして、その役職を埋める為の人事が行われます。

 

 

報告を細かく上げさせたり、行動を細かくチェックしたり、その目標を達成した先に何が得られるのか、その説明もできない組織はどっかで必ず行き詰ります。

 

納期と製品のクオリティを守りたいなら、部下の行動を縛ったり強制するのではなく、組織として掲げた目標に対して、どうやって達成していくのかを、部下と一緒になって話し合うべきでしょう。

 

自由な社風の会社に勤める社員程、年収が高いのはこの為ではないでしょうか?

 

 

売り上げが爆発しないなー

5月が締まりました。

 

今年に入ってからというもの、ずーーーっと売り上げがくすぶり続けています。

 

前年度の下期と比較しても利用者数は横ばいか増加の傾向にありますが、単価の低下や実質的な利用日数が横ばい又は減少の月もあり、『利用者数の割には利用日数が伸びない』という壁に直面しています。

 

GH(グループホーム)の担当者さんと話をしていても、『なんかこの時期はみんな調子が悪い』という声が聞かれます。

しかし、相談員さんとお話をすると『積極的に新しい所を探している人も何人かはいる』という話も出てきます。

 

5月だけで見てみれば、これまでは計画の100%に近い通所をしていた利用者さんが80%台に低迷するなど、約34万円分の売り上げを落としていました。

 

『先月はこの利用者さん。今月はこの利用者さん。』と言った感じで全員が揃う事が無く、爆発には至らなかったという状況です。

 

精神や知的の方は、同居する家族やGHで共同生活する人の影響を受けやすく、本人の体調面だけを見ていればOKとはなりません。

 

利用者さん同士でぶつかり合うなどのゴタゴタが原因になる事はありますが、今のウチの状況を見てみると、どちらかと言うと『お母さんが調子が悪い』などの家族間での不調が主な原因となっていまる様です。

 

 

こういう時こそ、表情などの僅かな変化に気付いて、声を掛けられるかがカギになります。

 

『今日は、この作業に出たくない』

 

そんな声の裏に潜むニーズを引き出すのが我々の役目でもあります。

 

その様な感情のコントロールや、周囲との付き合いがちゃんとできるなら、一般就労に行けますよね。

 

『辛いのは本人』というスタンスで、向き合っていきたいと思います。