平凡が一番難しい

小さな会社を経営していて感じることを、ぼそぼそと書いています。

就労支援事業の地位を上げたい。

ウチも平均時給は500円を超えていますが。。

news.yahoo.co.jp

 

こちらのチョコレート工場が ”就労継続支援A型” でやっていない事に、福祉就労の実態を見る事ができると感じています。

 

 

 

というのも、こちらのオーナーさんも『愛知県の最低賃金である1,026円を目指したい』と仰っていますが、現実は500円。

 

 

 

『じゃあ、商品を値上げすれば良いんじゃないの?』と思う方もいるかも知れませんが、逆に言えば『福祉事業所がやってます』っていうだけでその価格を受け入れられます?

 

 

記事にもあった様に、工程を細分化する事でできる作業を増やし、できるかぎりの適材適所で配置を行う為、どうしても関わる人数が実質的に増えてしまうと。

 

 

 

『関わる人数が多いので、他の店より高くなりまーす』と。

 

 

 

なかなかそう簡単にはいきませんよね。

 

 

 

 

 

世の中の風潮としては、まだまだ

 

 

『障害者が作ってるんだから安いんでしょ?』

 

 

 

という雰囲気がありますよね。

 

 

 

 

事実として、人材不足の業界であっても福祉就労施設に作業を依頼する際には

『少しでも安くしてもらおう』

というのを強く感じます。

 

 

 

 

一般的に募集する際には

『こんな時給じゃ来てくれないからもっと上げろ!!』

となっていてもです。

 

 

 

 

結局、福祉就労である以上は雇用契約を結ぶ事を前提とした ”A型” は、日本においては不向きな制度なんです。

 

 

こちらのチョコレート工場だって、A型でやれば利用者さんを半分以下に減らさないと採算が取れない事になります。

 

 

でも、利用者さんを減らせば事業所としての給付金が減り、経営が成り立ちません。

 

 

 

じゃあ利用者さんが増えれば良いのか?

 

 

 

 

しかし、現実はそんな単純じゃありませんよね。

 

 

 

ルール的にも、チョコレートだったら販売価格から製造に必要な原価を差し引いた利益分からしか、給料にあたる工賃を支給してはいけない事になっていますからね。

 

 

 

 

国は今まで給付金からの給料(工賃)支給を ”グレー” として強く禁止してきませんでした。

 

 

 

しかし、ここ数年でその縛りを強くした結果、A型は大量に廃業に追い込まれ、あぶれた利用者さんは泣く泣く ”B型落ち” したのです。

 

 

 

それでも一度進みだしたら止められないのが国の恐ろしいところ。

 

 

 

国としては、『制度としてA型がある以上、ちゃんと推進しなさい』なんて事を言ってきます。

 

 

 

その結果、地方自治体は『B型を作りたい』という事業者に対して

 

『A型併設なら良いよ』

 

 

なんて言ってくる始末。

 

 

 

福祉就労はそんな単純じゃないんですよ。。

 

 

 

毎日の利用人数に冷や冷やしながら利用者さんに提供する作業を準備し、ちょっとした事で感情を取り乱す方への対処をしつつ、病んで通所できなくなった方をフォローする。

 

 

 

もっと何とかなるはずです。

 

 

 

こんな難しい事業で経営が不安定ってヤバいと思うんですが、国はそのヤバさに気付いていないんですよ。。

 

 

 

大きな転換期が来ないと、本当にヤバい事になると思います。

米EV自動車メーカーのテスラが不調らしい。について。

EV自動車メーカーの雄であるテスラ。

 

ここに来て業績が急降下だと。

news.yahoo.co.jp

 

あくまで僕個人の主観ですが、テスラ社のどのモデルを見ても一度も『カッコイイ!!』と思った事がありません。

 

 

 

なんと言いますか。

 

 

 

のっぺり?

 

 

 

ツルっと?

 

 

 

さっぱり?

 

 

 

 

何とも形容しがたいスタイリングにオモチャ感のある全体的なフォルム。

 

 

 

 

 

しかも、今冬はアメリカ全土が大寒波に見舞われた事でEVの心臓部とも言えるリチウムイオン電池が機能不全となり、急速充電器の前にはテスラの不動車がまるで ”墓場” の様に放置されていたとか。

 

 

 

 

そもそもですけど、EV車って必要なんですかね??

 

 

 

 

まぁ選択肢の一つとしてはアリだと思います。

 

 

 

 

だけど、世の中の急速なEVへの転換には以前から懸念していて、EUの規制や将来におけるEVシフトへも疑問しかありません。

 

 

 

 

だって、EV車に使用される電気の生産自体が未だにエコじゃないですよね?

 

 

 

 

CO²をバンバン排出しながら作った電気を使って走っても本末転倒ですよね??

 

 

 

 

僕個人としてはハイブリッド車エコカーの限界だと思っています。

 

 

 

化石燃料でエンジンまわして回生エネルギーを駆使して充電する。

 

 

その電力を使って始動時の莫大なエネルギー消費を補佐する位が限界かと。

 

 

 

 

ハイブリッド車は走行距離が延びる程有効だと聞いた事があります。

 

 

 

 

それならバスとか長距離トラックとか、そっちをハイブリッド化すれば良いのにとも思います。

 

 

 

 

いずれにせよ、将来的にテスラは ”車は作らない” 会社になると思います。

 

 

 

バッテリーを主軸としたハード部門と、ユーザーインターフェースが主軸となるソフト部門。

 

 

 

 

これだけで十分と。

 

 

 

 

僕なら車屋の看板をとっとと下ろしてこの二つに絞るかなー。

お役に立てたなら何よりです。

自分には ”社長業” が天職なんじゃないかと思います。

 

 

これって、別に社長が偉いとかそういう事じゃ無くて、様々な部分に ”自由” があることが僕にとっては凄く重要で、その自由を得られるのが社長業なので、それが僕にとっては天職だと。

 

 

 

常日頃からわちゃわちゃと労働している訳でも無く、かと言ってぼーっとしている訳でも無く、ただ単にやらなきゃいけない事をやりつつも、とにかく好きなように生きてるという感じです。

 

 

 

そんな中で感じる ”自分の存在意義” というのがありまして、今日はそれを書いてみたいと思います。

 

 

 

 

これは僕自身の肌感覚なのですが、ここ数年で僕に対する ”相談件数” が増えてきているのを実感します。

 

 

従業員さんや利用者さんからは当然ですが、最近では所属団体の若手さんや他事業所の経営者まで幅が広がってきている感じです。

 

 

 

 

それがなぜなのか? を自分で分析した所、何となく見えてきた答えがあります。

 

 

 

それは、こちらの方から『何かあればいつでもどうぞ』という姿勢を示している事ではないかと。

 

 

 

 

要するに、従業員さんや利用者さんからすれば僕はその会社の ”長” なので、自然と相談相手になるのは当然です。

 

 

 

その上で、社外の人たちに対しても『また何かあればいつでもどうぞ』という姿勢でいると、何かあった時に相談してくれる様になってきている感じです。

 

 

 

 

そんな今日、ウチの利用者さんを担当して下さってる相談員さんから電話がありました。

 

 

 

内容をザックリ書くと、利用者のKさんがグループホームを利用したがっていると。

 

 

しかし、そのKさんは半年ほど前にグループホームの利用で大失敗している事もあり、訪問看護さんやお母さんがかなり慎重な姿勢になっていると。

 

 

 

しかし、今回は本人さんの熱意が強い事から相談員さんは板挟み状態に。

 

 

 

その事について、『どうすれば良いんでしょうか?』というご相談です。

 

 

 

 

色々と10分程度話をしましたが、結論を言うと

 

 

 

『もうお母さんが腹を括るしかないですよね』と。

 

 

 

と言うのも、グループホームの内覧に親子で行った際に一度はお母さんも前向きな気持ちになっていて、それを本人にもグループホーム側にも伝えていたそうなんです。

 

 

しかし、後々になって訪問看護さんからの的確な反対意見がでたばかりに、お母さんは翻意。

 

 

 

お母さんが一度は前向きに考えてた事もあり、本人さんの気持ちが更に前向きになっていた事から、相談員さんも『今更どうしよう。。』となっていたということです。

 

 

 

 

相談員さんも知的障害のある方への支援策の一つとして、トライアンドエラーを繰り返す事の重要性は認識しています。

 

 

 

しかし、今回の入居は前回のエラーを活かせるのか? という不安が払しょくできずにいます。

 

 

 

 

そこで僕は一つの提案をしました。

 

 

 

『本人に決意表明を一筆書かせてみては?』と。

 

 

 

僕は続けて、『だって、自分が合格したいと思う大学があれば、「絶対合格!!」って自分で書きますよね?』と。

 

 

『その熱意が伝わるのであれば、そこはもうお母さんが腹を括るしかないのかと。』

 

 

 

 

と伝えました。

 

 

 

 

こういう場合にやっちゃう悪い例として、”やっちゃいけないこと10か条” を周りの支援者や家族が作るという行動です。

 

 

 

 

周囲の支援者らは、前回の事で散々振り回された事で随分と懲りてますから、『同じ轍を踏みたくない』バイアスが働きます。

 

 

 

その為、『これをやったら終わりだからね!!』を事前に示しがちです。

 

 

 

 

それに比べ、本人の意思で『私はこうします!!』って決意させた方が気持ちも前向きですし、自分で決めた事に対する責任感という意味でも良いと思いますよと伝えると、相談員さんは『ハッ!』と言葉に出るくらいに刺さった様子でした。

 

 

 

その後の動きはまだ分かりませんが、相談員さんから電話の終わり口に『なんか相談員の相談に乗ってもらってすみませ~ん(笑)』なんて言われましたが、それが自分の存在意義なのかなーと。

 

 

 

 

そのアドバイスが上手く行く事もあれば、行かない事もあると思います。

 

 

 

でも、その人にとっての選択肢が増えることが重要だと思うので、『お役に立てたなら何よりです』と言ったところでしょうか。

何故かぎゅーーーーん!

何故かぎゅーーーーん!してます。

f:id:t-sugimoto-5553:20240204091703p:image

 

アクセス数なんて日頃気にして無いのに、久々に見たらギューーーンしてました。

 

 

どの記事の何が良かったんでしょうね??

 

 

さて、ゴルフ練習行ってきます。

 

惜しかったですねー

男子サッカー日本代表

 

アジアカップで惜しくもイランに負けちゃいましたね。

 

しかし、最新のFIFAランキングでは日本は17位でイランは21位と、順位で見てもイランは格下。

先制点を日本が奪取した時には勝利を期待しましたよね。

 

 

まぁどのスポーツもそうなのでしょうが、特に球技ってゲームの“流れ”を掴めるかどうかが重要ですよね。

 

 

前半は日本がボールを保持する時間もチャンスの回数も多かった様に思いますが、攻めてる時間帯に一点が遠かったのが、“流れ”を相手に渡してしまった要因だと思います。

 

 

そんな結果を受けてという訳ではないのですが、僕個人的にはもうそろそろ『森保さんを休ませてあげたいなー』と感じています。

 

 

これはアジアカップをどこで負けようが、何なら優勝しようが交代してあげた方が良いと思っていました。

 

 

とにかく、組織の代表(監督)ってメチャクチャ重責なんですよね。

 

 

にも関わらず森保さんは、僕の記憶が確かならば体調を崩したオシムさんのピンチヒッターとして代表監督に就任したはずで、成績の良さから今までズルズルとチームを率いる様になった印象です。

 

 

そんな中で、本当に良くやってくれてると、心底感嘆しています。

 

 

もうね、そのプレッシャー半端じゃ無いはずです。

 

 

“解任”なんて後ろ向きのワードを使うのでは無く、“休憩”くらいの気持ちで一度シフトさせてあげてはどうでしょうかね??

 

 

W杯までまだ時間はあります。

 

 

次の監督がダメだったら、『もう一回お願いしますね』を前提に、ちょっと距離を空けて貰った方が絶対良いと思います。

 

 

日本サッカーが今の位置まで来れたのも、森保監督のマネジメントが一助となってる事は間違い無いと思います。

 

 

一回、休ませてあげて欲しいなぁ。

 

就労支援事業者の闇

もう実名書こうかなー。 どうせ本人たちにはこのブログ読まれないだろうし(笑)

 

 

 

 

前回に引き続きの事業所(以下A社←皮肉にも事業所名の頭文字ですがwですが、今回は前回と同じ知的障害のある利用者さんを ”騙し” に掛かってきました。

 

sic.hatenablog.com

sic.hatenablog.com

以前の記事でもあの手この手を使って、何としてでも利用日数を増やさせようとする下衆なA事業所のやり口を書きましたが、今回はそれ以上に酷いと感じてます。

 

 

 

前の記事でも書いたと思うのですが、その事業所はB型事業所の新規開設にあたり、県の方から『A型併設』を条件にB型の指定を取得。

それは県内含めてA型が圧倒的に少ない為、どうしてもA型を増やしたいとの県の思惑のがその理由です。

 

 

 

聞くところによると、競合が少ないA型は ”それなりに” 利用者さんが来ている様ですがそれでも厳しい状況にあると聞きますし、何なら ”本丸” であるB型が相当苦戦しているようです。

 

 

 

そりゃそうでしょう。

 

 

 

A型はブルーオーシャン。 そしてB型は明らかなレッドオーシャンですから。

 

 

 

そんな中に飛び込んできて苦戦するのは当然の事なのに参入してきた挙句、自分たちの利益だけを求めて利用者さんを ”騙す” 様な事は絶対にやっちゃいけないと思います。

 

 

 

 

I君は凄く真面目なので、いつも予定通りの時間に通所してきます。

 

 

それは、彼の特性として決めた通りに動く事が心地よいからで、その決断は周囲のアドバイスと本人の希望とによってなされます。

 

 

その様に、周囲のアドバイスをしっかり受け止めて判断する部分は彼の特性で良い部分なのですが、これは ”口が上手い人” には利用されてしまうという裏の部分も秘めています。

 

 

 

 

そんなI君が、今朝僕の部屋に相談に来てくれました。

 

 

I君『社長、今月末あたりからA社のB型に週3日行っても良いですか?』

 

 

僕『おー。全然構わないよ!! ところで、向こうのBに何しに行くの?』

 

 

I君『いや、向こうの管理者の人から、「将来的にA型を目指すなら、ウチのB型を週3回位に増やす方が近道だよ?」って言われたんで。』

 

 

 

僕『あ、そうなん? でもさ、A社のB型って内職系しかやってないんでしょ? でも、A型はウチと同じようなホテルの清掃系だよね? 内職系作業でホテルの清掃は学べなくない?』

 

 

 

I君『はっ!!!  えっ!?   確かに!!』

 

 

 

僕『もっと言うと、BとAはそれぞれ独立してるから、職員さんも別々だし。 向こうのB型通ってもA型に慣れる事はないんじゃないかな??』

 

 

 

I君『じゃあ何で向こうは勧めてきたんですかね??』

 

 

 

 

 

 

 

『んーーーー。 大人って怖いね(笑)

 

 

 

 

I君は純粋ですし、思考が直結型なので管理者の発言に対して彼は

 

『そうなのか!!』

 

ってなるんです。

 

 

 

取り敢えず、『もう一回相談員さんを含めて話をしようね』って事で本人も納得して作業に向かってくれましたが、本当に怒りすら覚えましたねー。

 

 

 

 

今回は、制度的にもやってはいけない囲い込みをやろうとしてます。

 

そして何より卑怯なのが餌をぶら下げるような下劣なやり口。

 

 

 

 

酷い。。酷すぎる。。

 

 

 

 

本来であれば、本人の成長が期待されてA型を勧めるのであれば、先ずは本人ではなくサビ管から相談員さんへ連絡を入れて、その後に本人さんも含めた話し合いを持つのが当然の流れです。

 

 

 

今回はそこも無視して本人直と。

 

 

 

 

しかもですよ? 

 

もう一回書きますけど、当時I君を新規で受け入れる際にA社が発したあの言葉。

 

 

『週一回じゃ、十分なサービスが提供できない。』

 

 

こう言ったはず。

 

 

 

I君は今でもA社への通所は週1です。

 

 

 

え?  

 

 

 

十分なサービスを提供できないと豪語した事業所が、どんな確信をもってI君にA型勧めてんの??

 

 

 

 

もう一回書きますけど!!  

 

 

 

 

マジで酷い!!

 

 

 

 

 

一応、改めて県には相談しました。

 

 

 

 

だって、

『A型行きたいならウチのB型利用するのが近道』は絶対嘘だもん。

 

 

 

 

徹底的にやろっかなー。

トヨタの不正に驚きは無いなー

ダイハツ工業に続き、親会社のトヨタ自動車でもデータ改ざんに関する不正が発覚しましたね。

news.yahoo.co.jp

この記事を見た時にどんな印象持たれました?

 

 

まぁ、世界のトップブランドが不正を犯したという事に驚きがあるのかも知れませんが、『まぁ、そんなもんだろうね』という受け止めが大半ではないのかなと思っています。

 

 

 

と言うのも、そもそも日本の ”安全基準” というのが独自過ぎるが故に、世界基準とも一致していない上に”無駄に厳しい” という状況になっているからです。

 

 

 

例えば住宅の耐震基準や断熱性能などでも言えますが、震災が発生すれば基準を見直すという後手後手感がありますし、断熱性能に関して言えば海外に比べると圧倒的に低い基準が設けられているのが現状です。

 

 

 

これはつまり、政治家が企業の方だけを向いて政治を行ってることが要因であり、ハウスメーカーやサッシメーカーが原価を抑えて製造できるようにしているだけで、消費者(要は国民)に向いていない事の証左だと思います。

 

 

 

僕は以前にも、『車検っていります?』という記事を書いた事がありますが、あの制度だって一見すると『ユーザーの安全に繋がる制度』の様にも捉えられますよね。

でも、安全性や強靭性を売りにしてる日本車であれば、本来ならそんな制度なんか設ける必要もありませんよね?

 

 

これも政治家が自動車業界の方を向いた政治をしてる結果だと思うんです。

 

 

 

 

結局の所、作る段階での安全基準と使用中における安全基準が全く別物であると。

 

 

 

 

 

これは僕個人の考えですが、次は日産が怪しいと思っています。

 

 

 

この考えは過去の日産とのトラブルからの個人的な恨みと思われるかもしれませんが、これはただの ”恨み” というよりは、クレームに対する日産という会社側の対応に大きな不信感を抱いたというのが根本です。

 

 

 

僕の経験からしてハッキリ言うと、日産にも ”隠ぺい体質” がガッツリと蔓延っています。

 

 

 

ウチの会社で購入したセレナとNV200では、エアバックに関する不具合が共通して発生していて、修理を依頼した販売店も『この年式の車の不具合はメチャクチャ多い』と自覚していますし、何なら日産側もそれに関する修理部品を潤沢に用意してるという有様です。

 

 

 

であるならば、本来ならリコールにすべきだとどれだけ指摘しても、自社の落ち度を絶対に認めないのが日産自動車です。

 

 

そして向こうの言い分は、『この作り方で国の審査基準をクリアしているから』です。

 

 

 

可笑しくないですか?

 

 

どの車だって新車を作る時には国に届け出てるはずです。

 

 

そしてOKを貰って製造すると。

 

 

その上で実車をもう一度検査をして、OKだったら製造すると。(今回はこの検査結果を改ざんするという不正です)

 

 

 

でも不具合は完全に排除できません。

 

 

 

だからこそ、そんな時に行うのがリコールでしょ??

 

 

 

日産はこれをやらない会社なんです。

 

 

 

 

 

僕は、そんな会社が『プロパイロット』という最先端の技術をどの自動車メーカーにも先駆けて開発し、世に送り込んでる事に恐怖を覚えます。

 

 

 

トヨタダイハツも共通してるのが、『工程管理の難しさ』からくる不正ですよね。

 

 

 

通常の車を生産して出荷するだけでも不正が起こっているのに、最新技術に不正が無いなんて先ず考えられないと僕は思います。

 

 

だって、そもそも基準を設ける国にとってもみても、何を基準として良いか分からない中で基準を作る訳ですから、その基準が正しいかどうかなんて誰にも分からないはず。

 

 

 

ハンドルを回すだけで配線が摩耗し続け、数年後には断線するという ”時限爆弾” を仕込める日産。

 

 

 

さあ、次はどんな事をやってくれるのでしょうか?

 

 

 

 

やっちゃう? 日産。