平凡が一番難しい

小さな会社を経営していて感じることを、ぼそぼそと書いています。

『不公平感が拡大する』という謎の拡大解釈

賃金がアップしても "130万円の壁” がある為に、『働く時間をセーブしないといけない』という。。

 

政府は『賃金アップ』を声高に "実績” として主張しますが、庶民の現実は全然違うんですよね。

 

news.yahoo.co.jp

 

記事の中で松野官房長官

「保険料を負担する者との間で不公平感が拡大することから、(130万円の壁の見直しについては)慎重な検討が必要であると考えています」

 

なんて言ってますけど、国民生活を何も分かってない人の発言だと思いますね。

 

 

だって、そもそもですけど、年収130万円で今の時代生活できます?

 

 

月収にして11万円弱ですよ?

 

 

しかも、131万円になると社会保険料払わないといけないと。

 

 

 

分かってないなー。

 

 

 

間違いなく、200万円まで引き上げた方が経済回りますよ。

 

 

消費が拡大すれば消費税収も増える訳で、何も "社会保険料名目” に拘って徴収しなくたって全然問題ないのに。

 

 

それにさ、社会保険って国民生活の根幹なんだから、本来であれば国民から広く徴収する方が整合性が高いと思うんですよね。

 

 

 

もうちょっと頭使ってよ。

 

だから、公共の場はダメだって。

森さんの胸像問題が水面下で順調に進んでいる様です。

 

news.yahoo.co.jp

 

建立費は寄付が集まっているそうですが、維持には税金が充てられる事になります。

 

 

寄付金が5,000万円以上集まっているという記事もあるようですが、むやみやたらと立派な物は立てずに、基金を作ってそこから維持費を捻出する方が現実的だと思います(無くなり次第撤去で)。

 

 

 

しかし、建立場所の候補地が公共施設とは、やっぱり賛成できませんねー。

 

 

 

そもそも、森さんの胸像を見て国民の誰が喜ぶのでしょうか?

 

 

 

 

もし子供に

『パパ、この人誰?』

って聞かれたら、僕は間違いなくこう答えます。

 

 

『この人はね、東京オリンピックに関連して200万円の賄賂を受け取った上に、不適切発言が相次いだ事で大会組織委員会会長を辞任した元政治家だよ。』

 

とね。

 

 

すると、子供はこんな疑問を抱くでしょう。

 

 

 

『なんで、そんな人がここにいるの?』

 

 

 

 

僕はこう答えます。

 

『政治家なんて、国民が納めた税金の事なんてどうでも良くて、自分のお金とすら勘違いしてるんだよ。 だから、権力の有る政治家に良い顔したり、自分の権力を誇示する為に税金を使いたがるのさ。』

 

 

ってね。

 

 

こんなんじゃ、後世に渡って後ろ指さされまっせ。

 

 

 

胸像の建立なんて、辞めときなさいよ。

ゼロゼロ融資はやっぱり愚策だったねー

trilltrill.jp

 

ついに恐れていたことが。。

 

 

前の記事でも触れましたが、ゼロゼロ融資なんかをやるよりも、やっぱり倒産やM&Aのお手伝いにお金を使った方が良かったんじゃないかと。

 

 

 

今回、件のゼロゼロ融資を受けてる企業って、中小企業が大半なんですよ。

 

 

そして、日本の中小企業が抱える問題の一つが社長の高齢化に伴う事業承継です。

 

 

 

そもそもですけど、ゼロゼロ融資したところで業績回復しても、借金全部返す時には更に社長さんは高齢化している訳で、そんな借金まみれで収益性の低い企業となると尚更買い手も付きませんよね。

 

 

 

例えば、50代までの経営者限定で、事業買収の意欲がある企業に対して買収代金をゼロゼロ融資するとか、コロナを理由に倒産したい会社に専門家を派遣して、綺麗に会社を畳めるように(老後の心配を減らす様な)支援した方が良かったのではと思います。

 

 

政府も与野党も、本当の意味での "支援” を履き違えてるがばかりに、政策が的を射ない。

 

 

そればかりか結局はその負担を国民に押し付けると。

 

 

 

だって、そんな融資で取り敢えずはしのげたとしても、その後に企業の業績が回復し、なんならコロナ禍以前より会社が成長するなんて普通はあり得ない。

 

 

小くても、会社を経営してるからこそ気付けるのかも知れませんが、政治家やお役人さんはこれに気付けないんですよ。

 

 

 

あー残念。

 

 

やることなす事全部裏目

 

 

 

月200万円の報酬くれるなら政策秘書やります!(報酬は応相談)

 

 

 

こんな性格なので、色々面倒くさいと思いますけど、それでも良いよと仰るセンセイはご連絡ください。

 

 

 

何かないかなー

SICとしてB型事業所を運営する上で、旗印としてる目標が『高工賃日本一を目指す』というものがあります。

大分県内ではまぁまぁ良いところまで来てるのですが、流石に "日本一” となるとまだまだ "夢” の状態というのが現状です。

 

 

これを達成する為の唯一の方法は、『自社製品の開発』なのですが、それがなかなか思いつかない。。

 

 

過去には、大分県の特産とされてる竹細工からヒントを得た "竹ストロー” を模索したり、自社で宿泊施設を運営し、その清掃をスバルで行う事を考えてみたりとしましたが、どれも初期投資と採算の面で課題が残った事と、作業工程に熟練を要したり、一度に作業できる人数に制限が出たりという事で、なかなか『これだ!!』というものに突き当たりません。

 

 

 

 

やっぱり、どうせやるなら楽しい事の方が良いし、自分が興味ある事が良いし、それでいて景気やコロナに影響受けずに売れ続けるものが良い。。

 

 

そんな中、僕が今注目している会社が、キャンプ場に持ち運びができる本格ピザ窯を製造販売している「ENRO」さんです。

enro.jp

 

確かに、キャンプに行けば色々な不満や不便が付きものです。

 

 

でも、実際はその不便も楽しみに行ってる側面もあるので、余りに便利になりすぎるのもなーという部分と、どうせ不便ならいっそのこと『美味しい物が食べたい』というわがままを叶えてくれる商品を提供されてる所に魅力を感じます。

 

 

 

 

 

そんな中、僕が今キャンプについて取り組んでる事が『キャンプ道具の省スペース化』です。

 

 

間もなく納車されるディフェンダーは、前のデリカに比べると積載能力が格段に落ちてしまいます。

 

 

もちろん、納車後にはルーフスペースが活用できる様にルーフキャリアの設置などは検討していますが、4人も息子が居るとテントからテーブルに至るまで全ての物が大型化しますし、チェアの数だってかなりの数になります。

 

そこにクーラーボックスなどがある訳ですから、デリカですら荷室がパンパンになるのは容易に想像できますよね。

 

 

 

そうなると、出来る事と言えば持って行く荷物を極力 "小型化” することくらいです。

 

 

例えて言えば、今使ってるコンロはキャプテンスタッグの2バーナーコンロを使っていますが、これもコンパクトに折りたためる単発のバーナーに代えるだけでも省スペース化に寄与してくれますし、BBQコンロにしても定番である長方形の箱型から、通常は焚き火台として使われる折り畳みタイプの物に代えるだけでも省スペース化は図れます。

 

 

 

ただ、テントやクーラーボックスなど、容積を重視しないといけないものってなかなか小型化しませんよね。

 

でも、ビジネスチャンスって、そういう所に転がってるものでもあります。

 

 

 

明日も一泊でキャンプに行ってくるので、実際に使用しながら色々考えてみたいと思います。

 

クラウドファンディングやったら良いのに

へぇー。 森さんって失言や女性蔑視の人でしか無いと思ってたら、一部の人たちからは "偉大” なんて思われてるんですね。

news.yahoo.co.jp

 

これ、別に建てるなら建てりゃ良いと思うんですけど、予め言っておきたいのは『絶対に税金使わないでね』という事と、『公共の場所に建てないでね』という事です。

 

自分たちでお金集めて、自宅の敷地に建てるなら『どうぞどうぞ』って感じですし、誰にも迷惑かけない形でやって欲しいものです。

 

 

 

安倍さんの国葬もそうですが、税金を払った側が納得できないお金の使い方を、そろそろいい加減にやめて欲しいんですよね。

 

 

自分たちが税金納めてるのに、生活は一向に良くならない。

 

 

なのに、あっちこっちで無駄と思われる税金の使い方ばかりされてウンザリしています。

 

 

 

 

もう一回言います。

 

 

お金は自分たちで出すなり集めたりして、税金は使わないでね。

 

 

建てる場所は誰の目にも触れる場所では無く、個人の私有地にして下さいね。

 

 

 

 

以上!

きな臭さを感じるのは僕だけ?

dictionary.goo.ne.jp

 

 

 

別府市が揺れてます。

news.yahoo.co.jp

 

市長肝いりの「東洋のブルーラグーン構想」に黄色信号です。

 

 

経緯としては、市長が推進する「東洋のブルーラグーン構想」について、候補地を専門家が「上人ヶ浜が適地ではないか」と上申したにも関わらず、市長が予算を付けてでも「鍋山地区を再調査する」と引き下がらなかったという流れがあります。

 

 

その後、マスコミの報道により問題とされる事になったのが、この鍋山地区に関しては市長の親族か経営する会社が一次取得し、その三か月後に上場企業であるパソナに売却されたという事実がでてきた事です。

 

 

市長の説明では、パソナ側からの『鍋山地区にある泥を、保養所に使いたいので譲って欲しい』という申し出に対し、当時の地権者である千寿会長からは『よそ者には売らんけど、あなた(市長)やあなたの親族になら売るよ』という事になり、市長の兄の会社が一時的に取得し、三か月後に『必要無いから売却した』というものです。

 

 

別に、土地を買って売る行為自体は何も問題ありませんよね。

 

 

でも、何故かここも問題視されてる。

 

 

 

これに関してはリンクを貼っていますが、議会の委員会みたいなところで議員さんたちが色々と協議をしたみたいで、結論をザックリ言うと『なんか色々問題ありそうだから、今回は取り敢えず反対しとこう』という流れで一致したようです。

 

 

 

その後の様子が気になったので、今朝のFacebookで市長の投稿を確認したところ、反対派の現役議員までもが市長の投稿に対してコメントし、議会より激しい議論が勃発している様子でした。

 

 

 

確かに、

①市長が鍋山でごり押ししようとしている(様に見える)

②元々必要の無い土地を親族の会社が買い取り、三か月後にパソナに売却している

③大規模開発をして、別府市中に流れる温泉網には影響がでないのか

④行政がやる開発で、民業を圧迫しないのか

と、ここ数日で話題になったことで考えられるだけでもこれだけの課題が見えて来ました。

 

 

①に関しては、専門家の意見を丸ごと覆せるだけの説得材料を市長自身が示す必要があると思います。

 

②に関して言えばただの土地転がしなので、そこで売買益が出たとしても法的には何の問題も無い訳で、『市長の息が掛かった過去がある!』っていうだけで『何か怪しい!』とするのは拙速かと。

 

③④に関しても、ちゃんとした計画を示す必要があるでしょうし、調査してエビデンスを市民に明確に示す必要があると思います。

 

 

 

ただ、疑問としては "転売により高値で買った土地” にも関わらず、その後はパソナが何かしらの保養所を建設したという話は一切聞こえて来ませんし、何ならパソナは淡路島にお熱のはず。

 

ん? 淡路島に泥を持って行ったの?

 

 

 

んー、よく分かりませんが、確かに『調査はしたけど実際には影響が出てしまった』では取り返しがつかないのも事実なので、そこは念には念を入れないといけないとは思います。

 

 

それと同時に必要なのが、東洋のブルーラグーン構想がもたらす別府市への経済効果と、市民への還元と恩恵が如何程のものなのかを示す事ですよね。

 

 

市民がその "恩恵” を確信できていない中で、話だけが進んでる様な気がしてます。

 

 

 

勿論、土地は所有者の物ではありますが、別府の様に温泉などの自然資源が産業の基盤となっている土地においては、その土地がもたらす恩恵はそこで暮らす人々にとっては欠かせないものなので、個人がその利権を独占するというのはいただけませんよね。

 

 

 

構想自体は、もっともっと丁寧な説明をお願いしたいと思います。(税金が投入されますので)

 

 

土地に関しては個人資産ではなく、市民財産として広く市民が受益できるように活用してもらいたいものです。

 

 

"泥が欲しい” という謎の理由で鍋山を買ったパソナ

 

 

その後、『パソナが鍋山の泥を大量に運び出してる!』なんて噂も聞かなければ、あそこに『パソナの保養所が建つらしい』という噂も全く入ってきません。

 

『一体何の為?』という疑問は拭えませんよね。

 

 

 

しかもパソナと言えば、賛否はあるもののどちらかと言えば "悪名” の方が勝ってる竹中平蔵さんの会社ですよね。

 

 

そんなパソナという会社が一枚嚙んでるという事に、どうしてもきな臭さを禁じ得ないのは僕だけでしょうか?

 

 

ロシア国民は、そろそろ声を上げた方が良いと思う。

民間交流にまで政治が口を挟み始めて、いよいよ "ヤバイ国” になったと思ってましたが、

news.yahoo.co.jp

 

挙句には日本の "別称” まで盗もうとしてるみたいです。

news.yahoo.co.jp

 

日本もそうですけど、政治に対して国民がどれだけ "おかしい” と声を上げられるかが重要だと思うんですが、その声が速やかに届く国って本当に少ないんだなと。

 

 

『日出づる国はロシア』は、別に言わせておけば良いと思いますが、ビザなし交流の破棄に関しては、その土地を略奪された人にとっては本当に許せない事だと思います。

 

 

とにかく、一刻でも早くウクライナ侵略をとっととやめて欲しい。

 

 

 

その為にも、ロシア国民は声を上げる時期に来てるのではと思います。